昭和40年生まれの日記

日記というか、いろいろ。

青春ド真ん中…第6話をみた。



青春ド真ん中!第6話をみた。


この回は…

宮本先輩と有沢君…が、話の中心かな。


f:id:xt500:20200803190444j:plain

宮本先輩は…(斉藤とも子 さん)

真面目だし、勉強だって学年女子ナンバーワン!だし…

その上…なんてって、かわいい。


f:id:xt500:20200803190251j:plain

不良グループの5人は、

そんな宮本先輩が、なんだか気に入らない。(優等生アレルギーだね)


f:id:xt500:20200803190805j:plain

不良グループの有沢君は(井上純一 さん)勉強ができる。

実力テスト、3番。(宮本先輩、2番)


確か…

以前は進学校でも上位に入るほど、優秀だったが、訳あって今の学校へ転入してきたのかな。


f:id:xt500:20200803191155j:plain

日頃から、宮本先輩のことが鼻に着く不良グループ。


宮本先輩を、陥れる計画を立てる。


勉強の出来る有沢君が、優等生の宮本先輩に近づき…そして、振る。


馬鹿げた話だ。

実に馬鹿げた話だ。

駄目だ駄目だ。

学園ドラマとして、これはやってはいけない。


だが…

遊んでばかりいる、有沢が何故、実力テストで3番なにのか?

宮本先輩は、有沢が気になる。


f:id:xt500:20200803192039j:plain


そして、

f:id:xt500:20200803192207j:plain

ついに、特別クラスのテストで、5点差で負けてしまう。

(宮本先輩95点…有沢100点)


f:id:xt500:20200803192435j:plain

ゲームセンター


f:id:xt500:20200803192537j:plain

遊んでばかりいるのに…なんで…


f:id:xt500:20200803192718j:plain

ショックを隠しきれない、

宮本先輩。


f:id:xt500:20200803192900j:plain

しかし…有沢も、計画遂行の為、遊んでいると見せかけ、実は徹夜の猛勉強だった。


f:id:xt500:20200803194104j:plain

宮本先輩…

勉強で負けたショックとは別の意味で、有沢が先輩の心を揺さぶる。

(ここからがおかしい。遊んでばかりいる、有沢に負けたショックは分かる…がしかし。)


f:id:xt500:20200803194406j:plain

そろそろだな…計画実行へ…


f:id:xt500:20200803193409j:plain

頃合いを見計らって、ラブレターを渡す、有沢。


f:id:xt500:20200803193633j:plain

こんな物、受けとれないわ…

受けとれないわ!



f:id:xt500:20200803195955j:plain

f:id:xt500:20200803193502j:plain

1度は捨てた、手紙だった…


f:id:xt500:20200803193537j:plain

震える心…

(何故、有沢からの手紙に狼狽えるのか?もともと、宮本先輩は、有沢などは、ガンチュレスだったはずなのだが…)


この後…(納得行かないことばかり)

いろいろあるが、途中は省く。



f:id:xt500:20200803194735j:plain

有名なシーン。


台詞無しがつづく…

f:id:xt500:20200803194831j:plain

f:id:xt500:20200803195101j:plain

f:id:xt500:20200803194912j:plain

f:id:xt500:20200803195006j:plain


f:id:xt500:20200803195318j:plain

f:id:xt500:20200803195510j:plain

f:id:xt500:20200803195542j:plain

f:id:xt500:20200803195410j:plain


有沢君…

f:id:xt500:20200803195441j:plain


言葉を交わす2人…。



この話は、ずっと以前は好きだった。


が…今は、あまりいい気分では見れない。

いい話とは、思えない。

おすすめでは無い。

全然良くない。


制作側の自己満足的な感じがありあり  かな。

こんなのって、ありかね。

これも、なんか変。


もっと純粋な恋の話のが書けないのだろうか。


でも…

f:id:xt500:20200803200323j:plain

f:id:xt500:20200803200343j:plain

f:id:xt500:20200803200515j:plain

f:id:xt500:20200803200722j:plain

f:id:xt500:20200803200740j:plain

f:id:xt500:20200803200801j:plain

f:id:xt500:20200803200951j:plain

このシーンは、好きかな。


何度でも言う。

何度でも…言わせてほしい。


とにかく…宮本先輩が、可愛すぎる。


可愛すぎるのだ。

この話は、ただそれだけ。(絵的にね)