昭和40年生まれの日記

日記というか、いろいろ。

科学忍者隊ガッチャマン…初期物。

 

 

科学忍者隊ガッチャマン…初期物を全話みた。昭和47年から昭和49年放映。

約2年間も続いたと言う事ですね。

 

シリーズⅡも少しみたが、初期ものの方が、気持ち的には、上である。

 

第31話と第81話は、コンドルのジョーがメインの、続き物である。

 

第56話は、ジュンの幼なじみ登場。

そして、悲しいわかれ…。

 

第79話…

ケンが、美しい少女にどぎまぎ。

 

これが、美しい少女の

ルミちゃんです。

『奇麗な人だ……』

ケンの心の声…。

 

 

第27話…

ジョーとルシー。

 

この人が…

ルシーです。

声の出演は

沢田敏子さんです。

 

なかなかですな。

 

ミラーにうつるジョー…。

 

気さくに話しかける、ジョー…

『久しぶりだな…』

『5年ぶりになるかしら…』

ジョーとルシーの台詞であるが、2人は知り合いらしい。

 

ルシーは、ギャラクターの1員で、

ジョーは、国際科学技術庁の1員…

2人は、承知している。

ルシーは、ギャラクターの中でも、なかなかのポジションにいるらしい。

実際、総裁が『ルシーは実に素晴らしい…最高傑作だ…』みたいな事言っていましたしね。

 

で、

ルシーから、ギャラクターの本部の情報を1千万ドルで売りたい…と国際科学技術庁に持ちかけられて、ジョーが派遣された…と言う流れ。

 

取り引き場所は、

ラリーのレース会場。

 

ベルクカッツェと総裁の会話によると、最初は科学忍者隊をおびき寄せて、叩く作戦だったらしいのだが…

2人の前に、ギャラクターのメカ怪獣がちょこちょこ出てきて、良く分からなかったりする。

 

それをまた、

ルシーがもの凄い銃で、バンバン撃ちまくる。

それにしても、みりきてきな背中である。

 

どうやら、ルシーは…

ギャラクターを裏切り、ギャラクター乗っ取りを企んでいた。

そして、ジョーを仲間に誘う。

ルシーは、ジョーが国際科学技術庁の1員であるのは知っていても、科学忍者隊のコンドルのジョーである事は知らない。

 

レース中は、仕事抜きにレースに集中した2人。

見事に優勝。

 

ルシーの裏切りに気付いたベルクカッツェ…

最後は、なかなか悲しい終わり方だった。

おすすめの回である。

 

 

 

 

 

第70話…

ジョーとマヤ…。

 

 

 

 

 

 

 

白鳥のジュン 写真館

 

 

白鳥のジュン

 

バシッ!……

 

うふふふ……

 

………

 

バァード

……GO!

 

 

美脚。

 

 

 

 

ジュンは16歳…

眠かったり…

寝過ごしたり…

 

怒ったり…

踊ったり…

 

ジュンとバイクマシーン…

 

ニューマシーン…。

ガッチャマンⅡ 第1話より。

 

 

 

 

カウンターに溢れた水に…

の の字を書くジュン。

 

 

女の子…白鳥のジュン………

 

幼なじみの天才レーサー、矢羽浩二との再会…。

浩二との想い出…。

ジュンの青春。

 

 

ガッチャマンⅡ オープニングショット!

 

 

うふふふ…

 

 

ジュン危うし…

 

ジュン危ないっ!後だぁ~!…

ジュンの後から忍び寄るメカロボット…

 

白鳥のジュン 危機一髪!

 

はたして、このアングルが必要なのですか?

 

 

 

 

緑の地球を守るのは………

 

 

 

 

久々にアルプスの少女ハイジをみた…

 

 

 

カルピスまんが劇場。

昭和49年放映。(1974年)

昭和40年生まれで、知らない人はいないはずなので(まぁ…そうでない人も)内容は略します。

 

 

 

左から…

ペーター

ハイジ

オンジ

第39話より。

 

 

クララとハイジ…

ハイジとクララ、初対面の日。

(第18話より)

 

クララ.ゼーゼマン。

理由はよく分からないが、あしが不自由である。

声の出演は、

大好きな、吉田理保子さん。

麻生美代子さんは、(初代フネさん)

この、メガネのおばさん。

ロッテンマイヤーさんです。

 

この人は…

ゼーゼマンさん。クララのお父さんです。

 

オンジは、

宮内幸平さん。

亀仙人のじっちゃんですね。

未来少年コナンでは、漁師のじーちゃん。

ハイジは、白鳥のジュン

 

 

ペーターは、

雪解け水で顔を洗い…

帽子で顔を拭く。

コナンですね。

ナレーターの人も素晴らしいですね。

 

モミの木と、山小屋。

 

ハイジとオンジ。

雪の激しい冬の間は…

ふもとの村で生活していました。

オンジは、厳しい冬の間だけでも、ハイジを学校へやろうと思い、村で生活する事を決心します。

 

ハイジとおじいさんの家。

屋根がないね。

でも、

中はひろびろ。

ストーブもデカい。

 

 

 

長い冬が終わり、春になった。

ハイジに会うため、フランクフルトから、クララがやって来た。

 

 

クララを背負って山を登る、ペーター。

(第45話より)

かなりつらそうです。

弱音を吐かないペーター。

 

 

いろいろな思いが溢れ、涙するクララ。

 

名優揃いの物語だが、吉田理保子さんの名演が…

山に来てからのクララが素晴らしいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨人の星…あれこれ。

 

 

星 家の居間。

一徹の留守の間に、近所のおばちゃんと話し込む、明子姉ちゃん。

 

根性…

根性…根性…ど根性!。

 

おばちゃんの声の出演は…

この回は、何故かクレジットが無いのだが、

間違いなく、悟空の声だね。

 

 

花形の、

血染めのバットに驚く、バットボーイの少年。

声の出演は、

これまた、いなかっぺ大将!

風大左衛門です。

 

他にも、何回かあったと思う。

巨人の星に限らず、結構ちょい役で出演してますね。

 

あと、走るのが速い…

速水選手。

声の出演は、俺がハマーだ!…の人。

「エイドリア~ン!!」

 

明子姉ちゃんは、ガソリンスタンドで働いています。

ジャバジャバジャバ……。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巨人の星…をみている。

 

巨人の星が、ユーチューブで全話配信中らしい。

 

 

天才打者、花形満

これは、飛雄馬の宿命のライバル…

花形満が、大リーグボール1号を打ち砕いた…あの有名なシーンです。

これを初めて見た時は、驚いたのなんのって…

 

特に、これ!…

一直線!…

ぴゅ〜ん~~!

 

 

 

大リーグボール1号とは、

打者の構えたバットに、ボールを当てる…

ものすごい魔球。

 

打つ気もない、構えたバットにボールが当たり…凡打に打ち取る。

 

バットを隠そうが(これは花形)

素早く、バンドの構えに変えようが(これも花形)

バットを、ふらふらと揺らそうが…

何故か、バットに当たり、凡打に打ち取る不思議な魔球。

まぁ…魔球だからね。

 

「大リーグボール1号は、予測の魔球なんです…」(飛雄馬、談)

つまり、打者の次の動きを予測して投げる。

 

あぁ〜…バットの左手の握りが甘いから、バットを隠すかも…とか、

おや…バットの右手の握りが…?バンドかも……?

とかね。

 

ふらふらと揺らすバットに当たるのは、何故かはよく分からなかった。

 

後に、野球ロボットの大リーガー…

オズマ…(声の出演は、初代次元大介

には、投球と同時に両手のバットのグリップをパッと離し、バットを下に落下させる方法は見抜けずに、バット目掛けて投げた球は、暴投になり、フォアボール。

 

 

 

まぁ、いろいろあって面白いのだが、それはさておき…

今はこれです!

 

雄馬と、

橘ルミさん。

声の出演は、

2代目、峰不二子…ふ〜じこちゃん。

バカボンのママでもある。

そして、キューティーハニーだったりもした。

 

 

 

オーロラ三人娘の

メインボーカル。

 

「も〜星くんったら」

「いやぁ~参ったな、ハハハ」