昭和40年生まれの日記

日記というか、いろいろ。

ゆうひが丘の総理大臣…第25話をみた。





ゆうひが丘の総理大臣…第25話をみた。


f:id:xt500:20200811204631j:plain

この回のヒロイン…

森田あけみ さん。

めちゃめちゃ 可愛い。

俗に言う…可愛すぎて困ってしまう…ってやつですかね。


f:id:xt500:20200811205123j:plain


劇中の名前は…名字は分からないが、けい子さん。

けい子さんは、サンテ・オレ で働いている。

いわゆる、看板娘…かな。

(サンテ・オレ って、最近は見ない。最近っていうか、結構前から見ない)


けい子さんは(森田あけみ さん)…

f:id:xt500:20200811205639j:plain

柴田(井上純一)の運転するバイクに、轢かれそうになる。


f:id:xt500:20200811205948j:plain

ひょんな きっかけであった。

ここでは、あけみ さんの足首に目を向けてほしい。

"ふくらはぎ"からのラインが美しい。

太宰治氏に言わせれば、ひょんなことから恋が芽生え事は無いらしい)


f:id:xt500:20200811210205j:plain


f:id:xt500:20200811210314j:plain

幸いにも…

2人共怪我はなく、その日はそのまま別れた。


f:id:xt500:20200811210617j:plain

f:id:xt500:20200811210650j:plain

しかし…

けい子さん が、母に贈るつもりだった、茶道具は 割れてしまった。

(病弱な母親は、実家のある北海道…森田あけみ さんは、親戚の家に居候らしい…神奈川県)


けい子さん(森田あけみ さん)は、柴田よりも、歳上の様だが…大学生なのか?…どーもはっきりしない。



偶然にも…

f:id:xt500:20200811211101j:plain

f:id:xt500:20200811211037j:plain

悪ダチ 共が、サンテ・オレの常連だった。(けい子さん目当ての)


f:id:xt500:20200811211711j:plain

『あら…いらっしゃい、また来たのね』

…みたいな感じ。


途中、いろいろあるが…省略。



f:id:xt500:20200811211936j:plain

壊してしまった、茶道具を…

f:id:xt500:20200811212117j:plain

…。


そんなこんなで、2人は急接近!


f:id:xt500:20200811212524j:plain

UCC…かな?

ジョン プレイヤー スペシャルだね。


f:id:xt500:20200811212612j:plain

横浜か?


f:id:xt500:20200811212704j:plain

けい子さん の服装が、いい。


f:id:xt500:20200811212811j:plain

清楚な感じが、美しすぎる。


しかし…

f:id:xt500:20200811213051j:plain

母からの手紙…

(矢沢 恵子 様…とある。因みに神奈川県に、永山市は実在しない。多摩市とか町田市の辺りだから…永山町かな?…つまり、東京だね)


母は…

北海道で一緒に…と。


f:id:xt500:20200811213341j:plain


f:id:xt500:20200811213415j:plain

f:id:xt500:20200811213446j:plain

f:id:xt500:20200811213542j:plain

f:id:xt500:20200811213719j:plain

f:id:xt500:20200811222840j:plain

f:id:xt500:20200811214632j:plain

黒髪と涙…美しいね。




詳しくは、書かないが…


エンディングは…

と言うか…なんと言うか。

あれでいいのか?


結局…

恵子さんは、北海道へ行ってしまう。

f:id:xt500:20200811214855j:plain


病弱の母に寄り添う為…。


確か…

父親は、亡くなっていて、いないらしい。


恵子さんが、大学生なのかどうかが、気になった。

う〜ん、なんか違うような気がする。


ところで…

柴田は高校2年生だったはず。(1年ちょっとで卒業)


f:id:xt500:20200811215110j:plain

最後は…

総理に任せて、終わりか!

(着膨れするタイプだね)


この話も、なんだかねぇ…。

これでいいのか?

好きならねぇ…。


普段は、『学校なんて…』ってツッパってる癖に、まぁ…柴田も、身体の悪い母親がいるから…難しいとは思うが…これっ切りって事は無いんじゃないかと思うのだが。


エンディング数分前…

恵子さんが、バスに乗り込む…

それを柴田が 追いかけて走るシーンがある。(駆け足で)


恵子さんが気が付いて、バスを降り…柴田に駆け寄る恵子さん。

(これは、吉永小百合さんの ガラスの中の少女 のあのシーンに似てる)


あのシーンを撮っておきながらの、あのエンディングは、意味不明としか思えない。(台無しだ)



追記

合点がいかないのは…

第13話で、柴田は一度親元に帰りかけている。

柴田は、以前いた学校で問題を起こし…ゆうひが丘学園に転入している。


親元を離れてアパートで一人暮らし。


時が過ぎ、病弱な母親に『戻って来てほしい』と言われる。


いろいろあるが"皆んなと別れたく無い"って言う理由から、父親納得の元、ゆうひが丘に残ることになる。

(つまり 家族と一緒より ゆうひが丘を選んだ)


こんな経験をしていながらも、今回の結末には、納得行かない。


柴田は…

家庭に何の問題も無く、優しい両親の元、何故"不良"なのかも不明。


あの時…

柴田がゆうひが丘に残る理由と、今回の劇中の、柴田の台詞に矛盾を感じる。


お前も北海道へ行け!

とは、誰も言わない。

総理も、おかしいね。


ドラマなんだから、もうちょっとなんとかならないもんかね。

引っ越したら、終わりなのか?

青春って、そんなもんかね。

青春ドラマだよ…。

青春って、もっと熱いものな筈だ!


柴田も、北海道へ行け!

どーせ1人暮らしなんだから、北海道の学校に転入すればいい。

柴田の親は、そこそこ裕福みたいだから、それくらい大丈夫。


あのエンディングは、

ちょっと現実的過ぎるね。


これも、製作側の自己満足感が強い。



それはさておき…

f:id:xt500:20200811233844j:plain

うーむ…


f:id:xt500:20200811233919j:plain

こんな彼女、そうそうできないよ。


f:id:xt500:20200811234034j:plain

サンテ・オレ サンテ・オレ

f:id:xt500:20200811234250j:plain

サンテ・オレに、行きたいね。


追記…

現在東京には、サンテ・オレ は無いらしい。

今回の劇中のお店は、青春ド真ん中!第12話にて、宮本先輩がアルバイトをしていた店でもある。

f:id:xt500:20200812121438j:plain

f:id:xt500:20200812121455j:plain

宮本先輩も、素敵だが…

今回は…

恵子さんの、大人っぽさに軍配!