昭和40年生まれの日記

日記というか、いろいろ。

鳥の詩


鳥の詩を聴く。


f:id:xt500:20191228201951j:plain

f:id:xt500:20191228205310j:plain

昭和56年(1981年)リリース。

杉田かおる さん…

優しい歌声が好きだ。

正直に白状すると、聴くたびに涙が出てしまう。

編曲も上手いし、言う事無しだと思う。

前にも書いたが…キンパチは、たけだてつや が好きじゃないので(嫌い)一度も見ていない。

後の、池中玄太はよく見ていた。

子役の頃より、ちょっと控えめな感じだったような気がする。


そして、

f:id:xt500:20191228202457j:plain

河合奈保子 さん…

ライブ アルバムらしいが、その中に

鳥の詩 がある。

声がいい上に、歌も上手いと思う。

f:id:xt500:20191228202723j:plain

鳥の詩を歌うのは、清楚な感じの人がいい…。


さらに発見した。

f:id:xt500:20191228203043j:plain

宮原巻由子 さん。

昭和58年(1983年)に、デビューしたらしい。

伊藤麻衣子 さんや、森尾由美 徳丸純子 さん ジェームス ディーンみたいな女の子 等と同期のようだ。


f:id:xt500:20191228203513j:plain


f:id:xt500:20191228203557j:plain

これまた、整った顔立ち…。

 歌声も、曲に似合っている。


f:id:xt500:20191228203745j:plain


こんな人が同じクラスにいたら、緊張してしまいそうだ。


僕としては…

彼女が、隣のクラスか…もしくは…一つ上級生という設定が…

僕の、より良い学園生活を送る上で…

そう、これが…う〜ん…

つまり、極めて肝要である。


つまり…

時々チラッと見かける位がいいのだよね…

そして、彼女が図書委員だったりしたら、僕は休み時間に図書室に行って、


ツルゲーネフの初恋は、何処の棚ですか?…』


なんて、図書委員の彼女に聞いたりする。

すると彼女は、


『あら…あなたツルゲーネフお好き?』


なんて聞き返してきたりして…


『私も、初恋はお気に入りの本なの…私たち、なんだか気が合うわね…』


なんて話が弾んで…


すると、休み時間の終わりを告げるチャイムの音がする…


僕と彼女は、それぞれの教室へ帰るのだが…

別れぎわ彼女は、なんとも言えない笑顔で…声にこそ出さないが

『また会いましょうね…ヴォルデマールさん…』

そう言うのさ。

そんな人が、同じクラスにいたら緊張して勉強どころじゃないって訳さ。