昭和40年生まれの日記

日記というか、いろいろ。

3人家族…と言うドラマをみている。



f:id:xt500:20200509193010j:plain

昭和43年のドラマらしい。


f:id:xt500:20200509193301j:plain

竹脇無我 さん。

無口で真面目な一流企業のサラリーマン。


f:id:xt500:20200509193441j:plain

f:id:xt500:20200509193511j:plain

栗原小巻 さん。


f:id:xt500:20200509193610j:plain

電車やレストランなどで、度々見掛ける女性が気になって仕方がない、竹脇さん。


f:id:xt500:20200509193901j:plain

小巻さんの方でも…

(またあの青年が…)

じわじわと意識していた。

(また、私のこと…みてるわ)

みたいな感じで。


竹脇さんは、7度と言い、

小巻さんは、5度ほど…と、お互いに数えていたりする。(後日談)


f:id:xt500:20200509194123j:plain

横須賀線、新橋駅でのワンシーン。


f:id:xt500:20200509194324j:plain

f:id:xt500:20200509194425j:plain

f:id:xt500:20200510111754j:plain

f:id:xt500:20200509194508j:plain

乗り遅れた電車に、小巻さんが…。


f:id:xt500:20200509194908j:plain

小巻さんの、妹。

肝っ玉かあさん…の人。

沢田雅美 さんと言うらしい。

雅美さんは、大学浪人中。


f:id:xt500:20200509195214j:plain

竹脇さんの弟。

またもや登場の…

あおい輝彦 さん。

今回は、悩める浪人生。

劇中の会話で分かるのだが、この頃はまだ、電話の無い家が珍しく無いらしい。

竹脇家も、父親の昇進に合わせて、電話を引く事になったようだ。


f:id:xt500:20200509200911j:plain

父さん…やっと課長になる事になったよ…もっとも、来年定年だがな…。



f:id:xt500:20200509195436j:plain

風車の弥七も出演。

小巻さんに、猛アタック中。

まんざらでも無い様子の、小巻さん。

弥七は、そこそこ売れてる、カメラマンらしい。


f:id:xt500:20200509195630j:plain

こんな人も、出演。

竹脇さんの、大学の頃からの親友。

この人確か、あばれはっちゃく の、お父さん…だった気がする。


f:id:xt500:20200510112155j:plain

俺達…結婚するんだ。

近くまで来たから、おまえに、見せびらかしに来たのさ。

はっちゃくの父さんは、両親に結婚を反対されているらしい。

彼女の家族構成はよくわからんが、2人の味方はいないらしい。


f:id:xt500:20200510112334j:plain

『そんな状態でいいのか?』

釘をさす、竹脇さん。

『おまえみたいに、人を愛した事のない奴にはこの気持ちはわからんよ』

2人の間は、ちょっとやそっとの事では、揺るがないらしい。

はっちゃくの父さんは、笑って聞き流す。



何だか急に家まで競走する兄弟2人…

f:id:xt500:20200509200017j:plain

走る竹脇さん。(わかりにくいが、下駄です)


f:id:xt500:20200509200038j:plain

ずるいよ兄さん!


f:id:xt500:20200509200059j:plain

たったったっ…


f:id:xt500:20200509200456j:plain

…。