昭和40年生まれの日記

日記というか、いろいろ。

赤い激流…第25話〜第26話(最終回)までみた。



赤い激流


f:id:xt500:20201026182018j:plain

第1話〜最終回までみたのだが…

全話の中で、最終回が1番不満だらけである。


なんか変だ…

おかしい…

犬神家よりも恐ろしい…

殺人が…まるで美談になっている…。



さてと…

全話を通じて、疑問点は多い。

細かい事を上げればきりが無いのだが…


Dr.西条と、宮島家の関係は?

この辺りが、1番釈然としない。

全く意味不明である。

全然、説明がつかない。

何故…Dr.西条は、真犯人をかばったのか?

大沢武の問いに…

『それだけは、言えん…』

Dr.西条は、勘違いをしていたのではないか?

(Dr.西条は、Rの女が犯人と思い込んでいたのか?)


注)Rの女とは…

田代清司が殺された晩、田代宅から息子の敏夫が帰宅途中、公園で会った女である。

f:id:xt500:20201026175245j:plain

公園で…

勢いあまって、抱きついてしまう。

(グリーンのシャツにRのロゴが入っていた為、Rの女と呼ばれる)

敏夫のアリバイを証明する、唯一の証人であった。


Dr.西条は…

西条の持ち物から、Rの女が誰だか知っていた節がある。

(Rの女の記事の載った雑誌と、岸恵子の写真があった…つまり、後々分かるのであるが、Rの女は岸恵子であったわけだ)

しかし、そのRの女をかばう理由は全く不明。

『それだけは、言えん…』

と言った直後、病院の屋上から飛び降りて、自殺。

今際の際に、『アールのおんな…』と、大沢武に言い残す。(なんか、おかしいでしょ)


敏夫達の推理では…

Rの女=田代清司のパリの愛人。

愛人を捨て、1人で日本へ帰ってしまった田代。

愛人は田代を憎み、田代を追って日本へ…そして、憎しみから思い余って殺してしまった。(らしい)

愛人ってのは、◎。


書き忘れたが、Dr.西条は、大沢武の腕の、2度目の手術の際ミスをおかした。その秘密を田代清司に探られ、弱味を握られていたらしい。


銀座のクラブのママ…

前田吟の愛人。

裏口入学の斡旋で、数億という金を手にした男の愛人の割りには、イマイチな感じ。(銀座って言うよりは、蒲田か北千住…って感じ)

銀座のクラブのママが…

田代清司が強請っていた人を知っている…と言う話が、いつの間にか、真犯人を知っている…に変わっていた。(気が付かないと思ってんなかねぇ)

ママに、スーツケース一杯の札束を持って来た男の正体は?

考えられるのは、前田吟。(或いはDr.西条…しかし、西条だとすれば、何故Dr.西条が?)

後に雲隠れした際、宮島家に匿われていた。

宮島一家で匿っていたのであれば、裁判で証言されると、その証言が宮島家に不利である…

と言う事だと思うのだが…。

この時点で、宮島家が、1番怪しいでしょ!

(居間でふんぞり返っていた割りには、ハナエもアキヒコも知らなかったのは、あまりにもおかしい。普通気がつくでしょ)

銀座のママが、交通事故にあった。

犯人一味による、轢き逃げか?

それともたんに、交通事故か?

担当医は、Dr.西条。

『先生の手術はイヤ…』

と、ママはうわ言の様に言う。

この意味は?

物凄く意味有りげではあるが、結果的には、意味不明だったとしか思えない。

故意の轢き逃げによる殺人だとすれば、単独…或いは複数の犯人による、田代清司に次ぐ、第2の殺人であるはずだ。

注)アキヒコ…前田夫妻の一人息子。


竹下景子 演じる、ハナエさん…

魅力ゼロ…。

シンイチさんが夢中になる理由が全くわからない。

その婿は、音大の学長になるらしい。

このドラマでは、その血筋の人でなければ、学長になれないらしい。

その割りには…

音楽を愛し、情熱を持って教育にあたり、そして芸術家でなければならない…らしい。

だけど、ハナエさんの婿でなければ、学長には、させないらしいです。


劇中…

田代敏夫は、

"俺は父さんを殺した奴を許さない"

と、散々刃物を振り回した割には、

最終回…真犯人の事には、一切触れていないのが気になった。


前田吟

嫌な役柄ではあったが、最終回では、ちょっと気の毒だと思った。



あえて、犯人の名は出さないが…


宮島音楽大学の名誉を守る為…

裏口入学のスキャンダルを明るみに出してはならない…

強請られていた何て事は決して世間に知られてはならない…

名門、宮島音楽大学

『大学は、私の命だ』らしい…

このままでは、一生、田代清司にたかられる。

だから、殺すしか無かったらしいです。

『私も、苦しんだんだ』らしい…

無実の死刑囚を前に、苦しまない訳は無いでしょ…普通は。

f:id:xt500:20201028165448j:plain

そのくせ、

『私の為に、リストの"ラ カンパネラ"を弾いてくれ』

なんて、言ってました。


裏口入学の事実を認めてしまえばよかったのではないかと思うが、それでは、ドラマにならないかぁ…。


殺人一家の言い分は…

そもそも…

裏口入学の斡旋なんかした、前田助教授が1番悪い!…らしいです。

だから、強請られ…

だから、殺すしか無かった…

だから、悪いのはあなた…

みんな、あなたのせい…

あなたが、裏口入学なんかさせたばかりに…

短髪のおばさんなんか、

『今度の一件では、あなたが一番悪いんですよ!』

何て、言っていたし。

宇津井さんには、5〜6発殴られてましたし。

殴って何になるのか?

しかも、妻と息子の前で。



いやいや…潔く、裏口入学の罪を隠さないで、田代清司を跳ねつけていれば良かったのではないでしょうかねぇ。

でも、スキャンダルは嫌なんですよね。

だから、殺すしか無かった…?

更には、結局…

裏口入学の件は、うやむやに揉み消されてしまった。



f:id:xt500:20201026214442j:plain

私も苦しかったんだ!

気がついたら、田代君が血塗れに…


f:id:xt500:20201026214522j:plain

分かります!…

分かりますとも!



阿保か。




最終回の見どころ!

f:id:xt500:20201026185735j:plain

f:id:xt500:20201026185754j:plain

f:id:xt500:20201026185810j:plain

f:id:xt500:20201026185826j:plain

f:id:xt500:20201026185842j:plain

f:id:xt500:20201026185904j:plain

f:id:xt500:20201026185921j:plain

おかあさん…

f:id:xt500:20201026185939j:plain

真犯人が自首して、敏夫が釈放された。

喜びのあまり、涙を流す母、弓子。

その弓子に、白いハンカチを渡し…

『おかあさん…』

と呼びかける、シンイチさん。

…ここが一番よかった。


前にも書いたが、このドラマでは…

シンイチさんが、1番まともな人間だと思う。