昭和40年生まれの日記

日記というか、いろいろ。

人造人間キカイダー…第10話をみた。

 

 

 

人造人間キカイダー 第10話。

 

これが、サソリブラウン。

 

演者は、3人。

大井小夜子さんは…

(小夜子ちゃんが、サソリブラウンの演者に入っているが、実際に着ぐるみの中に入って、演じているわけではない。詳しく知りたい人は、動画を見て確認してほしい)

危なっかしく、道路をぶらぶらとよろついて歩く光明寺博士を助ける。

小夜子ちゃんの父親は、科学者である。

光明寺は、小夜子ちゃんの顔に見覚えがあるかのように見つめる。

おそらく…

科学者仲間の寄り合いなどで会った時にでも、中堀博士が、自慢気に小夜子ちゃんの写真でも見せたのではないかと思われる。

光明寺も負けずに、ミツ子さんの写真を見せて『うちのミツ子だってなかなかのもんでしょ、あ〜っはっは』なんて、言ったりしたのではないかな…と思われる。

 

当然、小夜子ちゃんは光明寺を知らなかった。

 

中堀研究所。

小夜子ちゃんの父親の研究所である。

中堀博士は、

番組早々に、サソリブラウンに連れ去られる。

なんでも、中堀博士は、なかなかの研究を完成させたらしく、その研究にダークが目を付けたんだね。

 

そんな事より、この建物が気になるね。

 

ウルトラセブン…(第12話遊星より愛をこめてより)

怪しい男を尾行する、ダンとアンヌ。

このビル…

電人ザボーガーにも出てきたね。

ウヒョヒョヒョフョ〜!

 

さてと…

小夜子ちゃんは、知らないおじさんと、バス停で別れてその場を去る。

 

しばらく歩くと、ジロー達と出会う。

ジロー達は…

中堀博士が拐われた後、小夜子ちゃんの身を案じて保護した矢先…

小夜子ちゃんは、ミツ子さん達に黙って、一人で家へ帰ろうとしていた…んだっけかな?

なんにしても、良かった良かったと、安堵していると…。

 

バスが…

前から3つ目の窓…

 

なんかねぇ…(コントかっつーの)

見てるねぇー。

本当に日本一イライラするおじさんだねー。

 

 

今回第10話は、いまいち。

なんか、パッとしない。

特にこれ以上は、書くことがない。

 

 

今回は…

せっかく良い衣装なのに、良い場面が全然ありませんでした。

監督のセンスを疑うね!

全然ダメ!

なってない!

もっと!…ミツ子さんを前面に!

 

 

さて…

中堀博士と小夜子ちゃん。

無事でなによりです。

なんにしてもよかったよかった。